So-net無料ブログ作成

Intel、10nmの「Ice Lake」プロセッサを6月より量産出荷 [デジギア]

10nmプロセス製造のクライアント向けプロセッサの量産出荷を6月より開始すると発表。
「Ice Lake」プロセッサが6月より出荷が開始され、2019年末までに搭載製品が登場する見込み。
Ice Lakeプラットフォームでは、アーキテクチャの革新と同時に10nmプロセスが最大限活用され、現行製品に対し3倍の無線通信と2倍のグラフィックス性能と動画変換速度、2.5倍~3倍のAI性能がもたらされる。

2019年から2020年にかけて、クライアントおよびサーバー用CPU、汎用GPU、Agilex FPGA製品群、AI推論プロセッサ「Nervana NNP-I」、5G対応ネットワークSoC「Snow Ridge」などの10nm製品が多数投入される。

タグ:Ice Lake
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

人気ブログランキングへ