So-net無料ブログ作成

ウイルスバスターに脆弱性が存在することが判明、修正パッチが公開 [セキュリティ]

トレンドマイクロ製品のファイアウォール機能などで使用される
TMTDIドライバにおいて脆弱性が見つかりました。
この脆弱性により、攻撃者はカーネル内での任意のコード実行が
可能となりますが、本脆弱性を利用してリモートから攻撃を行う
ことは不可能です。
パソコンのシステム権限を奪取するには、攻撃者がローカルマシン
を直接操作する必要があります。
同脆弱性は「ウイルスバスター2011 クラウド」「ウイルスバスター2010」
「ウイルスバスター16」のほか、企業向けの「ウイルスバスター
コーポレートエディション」v8.0/10.0/10.5や「Trend Micro ビジネスセキュリティ」
v5.1/5.0/6.0にも影響する。

本脆弱性に対応した修正プログラムを用意。
該当の製品を利用されているお客様は、対応する修正プログラムの
適用が必要。
トレンドマイクロ サポート情報
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

人気ブログランキングへ